芝刈りや剪定、間伐をやらないことによって起きる問題

広い庭の芝刈り作業はとても大変~芝刈りをする理由~

芝刈り・間伐・剪定の重要性~小まめな手入れが大切~

草刈り

庭の手入れを怠ると、様々な被害を受ける可能性があります。被害を受けないようにするためにも、芝刈りや間伐、剪定を定期的に行なう必要があるでしょう。ここでは芝刈りや間伐、剪定を行なう必要性について紹介していきます。

芝刈り・間伐・剪定が必要な理由



なぜ芝刈りが必要なのですか?
芝刈りをすることで、芝生の成長を促すことができます。芝は、一般的な草と違い上へ成長せずに横に成長していくのです。横に芝が成長すると、芝生同士が密集して見た目がきれいに見えます。また芝生が密集することで、雑草が生えにくくなるのです。定期的に芝刈りをすることで、日が全面に当たり、光合成もしやすくなります。こういった部分から、芝刈りをすることは必要なことだとわかるでしょう。
剪定を行なう理由はなんですか?
剪定を行なう理由の一つとしてまず挙げられるのは、見た目が良くなることです。剪定をすることによって、無駄な枝を切って木をスッキリした見た目にすることができるのです。また、見た目以外でいうと、害虫予防などが挙げられます。剪定することによって、枝や葉が少なくなります。そうすると風通しが良くなり、日光も木に均一に当たるようになるので害虫が発生しにくくなるのです。
庭木でも間伐は必要ですか?
木が健全に成長していくためには、間伐は大切な要素となってきます。間伐をすることによって、木と木の間にスペースができます。このスペースが確保できたことで、木は葉や枝を伸ばしていくことができるのです。他にも太陽光が当たりやすくなることも木が成長する上で大切なことといえます。他の木と接触することがなければ、伸び伸びと木が成長していくことができるでしょう。

手入れを怠るとさまざまな被害が出る

健康被害
ブタクサという雑草は花粉症の原因になるといわれています。他にも雑草の中には、アレルゲンを持つものが複数存在しているのです。アレルギーを引き起こすと様々な症状に見舞われ、日常生活に支障をきたす可能性があるでしょう。健康被害を受けないためにも、雑草には気をつけてください。
環境被害
雑草が生い茂っている場所は、害虫からすると餌場と認識されています。自分の家の雑草からダニが伝い、近所の家に侵入するという問題も時々起きています。ダニから発生する感染症もあるので、放置は危険です。庭が広く、雑草が大量に発生しているのであれば、すぐにでも草を刈る必要があるでしょう。
防犯の阻害
雑草が生い茂った広い庭だと、不審者がいたとしても身を隠すことができるため気付きにくいです。そういう意味でも、雑草が多い場所は防犯性に優れてはいません。悪い思想を持った人間が、いつどこで気が触れ犯行に至るか分からないので見晴らしを良くするためにも雑草は刈っておいた方が良いでしょう。

雑草が多く生えていると、健康被害を受ける可能性が上がります。花粉症の人は雑草を生やさないように気をつけましょう。他にも害虫も多く発生するので、そこから健康に害が出ることもあるのです。防犯性も低下するので、雑草を伸ばしたまま放置することは何も良いことはありません。定期メンテナンスを実施しましょう。

広い庭だと手入れが大変~業者に依頼しよう~

庭の手入れはとても大切なことです。しかし庭が広過ぎると、手入れに時間がかかる他、労力も必要になります。様々な手間を省きたいと考える場合は、業者に依頼をして問題を解決しましょう。依頼の流れなども把握しておくと良いでしょう。

業者に任せて一気に解決

庭の手入れに関する悩みをまとめて解決できますよ(専門業者)

庭をきれいに維持するのはとても難しいことです。ガーデニングをしようとしても、庭に雑草が生えすぎているから中々取り掛かれないということもあるでしょう。また、庭が広いと一人で雑草を片付けるのも芝刈りをするのも大変だといえます。我々業者に任せれば、芝刈りから間伐、剪定、草刈など庭に関しての悩みをすべて解決することが可能です。ご不明な点がありましたら、お電話で御相談を承ります。

TOPボタン